KEYWORD

75周年 2017年

日経社の未来を語った、
75周年イベント。

75th Anniversary Nikkeisha Festa

2017年に創立75周年を迎えた日経社。それを記念して、全社員が集結する「75th Anniversary Nikkeisha Festa」を開催!デジタルマーケティングの最前線で活躍している社員のパネルディスカッションや、ニューロマーケティングをはじめとした新規事業のピッチイベントなど、これからの日経社をつくるための新たなスタートとして、大きく盛り上がりました。

バルーンアートで
ギネス認定、
世界ナンバーワンに!

バルーンアートでのギネスチャレンジ

そして目玉イベントとなったのが、バルーンアートでのギネスチャレンジ。バルーンアートの「犬」を5分間で250人以上が完成させる、という世界記録に挑戦!見事達成し、世界ナンバーワンの記録として認定されました。この企画は日経社の若手社員が中心となって企画・運営を行い、若手も日経社全体を動かすことができるというダイナミズムを実感できたイベントとなりました。

B to B

BtoBナンバーワンを
目指して。

企業の製品やサービスは、生活者向けの「BtoC(Business-to-Consumer)」、そして法人向けの「BtoB(Business-to-Business)」の2つにわかれます。日経社が得意とするのが、BtoBでのコミュニケーション。新聞や日経電子版はもちろん、日経グループのあらゆるナレッジとノウハウを総動員して、クライアントのBtoBコミュニケーションにおける課題を解決。AIやIoT、ブロックチェーンなど、ビジネスの未来をつくっていく最新のテクノロジーに関する知見が身に付くのも、BtoBコミュニケーションの魅力です。

ガイアの夜明け

優良ドキュメンタリー番組
ナンバーワン
ガイアの夜明け。

経済の現場で奮闘している人たちを通して、様々な経済ニュースの裏側に迫る、テレビ東京の人気番組、日経スペシャル「ガイアの夜明け」。実はこの番組、日経社の買い切り番組(広告枠の独占販売)なんです。入社前からガイアの夜明けの大ファンで、この番組に関われることに魅力を感じる若手社員も多いとか。最近ではTwitterをはじめとしたSNSでもトレンド入りするなど、若者から企業の経営者まで、多くの人に視聴されているコンテンツとなっています。

※出典:優良放送番組推進会議 第103回アンケート調査結果

WOMAN POWER

女性も
ナンバーワン社員に
なれる会社。

日経社の働き方改革として力を入れていることのひとつが、女性が働きやすい会社になること。性別によって仕事の内容に差が出ることはなく、あらゆる部署で女性が活躍しています。出産・育児等の際には、ほとんどの女性社員が出産休暇や育児休業制度を活用し、仕事と家庭の両立をしながら働き続けています。
当社では法律を上回る育児に関する以下の諸制度を整備し、育児期間中の社員が働きやすい環境を整えています。

  • 時間外労働の制限

    小学校3年生までの子を養育する社員は、時間外勤務を一定時間内に制限

  • 深夜労働の免除

    小学校3年生までの子を養育する社員は、深夜労働を免除

  • 時間外労働の免除

    小学校就学前までの子を養育する社員は、時間外勤務を免除

  • 育児短時間勤務制度

    小学校就学前までの子を養育する社員は、
    1日の標準労働時間を6時間としたフレックスタイム(コアタイム11時~15時、フレキシブルタイム7時~11時、15時~21時)、定時勤務(始業時刻・終業時刻のいずれかを1時間短縮)での勤務が可能

これからも当社では、女性が最高のパフォーマンスを発揮できる会社となることを目指して、組織や制度を変革する挑戦を続けます。

THE KEY WORDTHE KEY WORD

COMING SOON

75周年

ガイアの夜明け

B to B

woman power

ページトップへ