若手座談会

TABLE TALK

What is No.1 ?

学生の皆さん、はじめまして!日経社新卒採用サイト制作チームです。
今回は、学生の皆さんに最も近い存在である入社1年目から3年目の
若手社員たちに、就職活動や日経社について聞いてみました!

    芹田 稀美

    瀧澤 裕里映

    今井 翔子

    遠山 廣倫

  • 営業局2016年入社遠山 廣倫

    金融、不動産、IT、スポーツメーカーなど
    幅広いクライアントを担当。
    学生時代は落語研究会に所属。

    若手社員
  • 営業局2015年入社今井 翔子

    大手総合家電メーカーを中心に担当。
    バリバリの関西女子だが実は四国出身。

    若手社員
  • コミュニケーションプランニング局2017年入社芹田 稀美

    営業として入社後、本人の希望により
    コミュニケーションプランニング局に異動。

    若手社員
  • 営業局2017年入社瀧澤 裕里映

    大手総合電機メーカーを中心に担当。
    学生時代はラクロス部に所属していた
    体育会系。

    若手社員

No.1で自己紹介!

INTRO

―今年の採用サイトのコンセプトが「全員No.1」なので、自分が日経社でNo.1だと思うことと一緒に自己紹介をお願いします!

営業の今井です。私は「落ち着きないNo.1」です(笑)。家族からもよく言われます。行きたいと思ったところはすぐ行くし、やりたいと思ったことは絶対する。明日からクロアチアに行ってきます!

―ほんとに!?

はい(笑)新規営業も電話をかけたところは「絶対落とす!」という気持ちでやってます!

営業の遠山です。私は「銭湯大好きNo.1」です。年間で最も銭湯に行っていると思います。銭湯はいろいろなお風呂がありますし、特に水風呂が好きです。水風呂で非日常な感覚を味わっています。

―非日常って何(笑)。

「こんなに水につかることある?」って思って…。

一同:(笑)。

コミュニケーションプランニング局の芹田です。私は「挨拶が丁寧No.1」です。挨拶が大切っていうのは社長をはじめ皆さんが仰っていたので、出社と退社の挨拶は、大きな声できちんとするようにしています。

芹田さんの挨拶があると同じ部の皆さんは盛り上がってますね(笑)。

営業の瀧澤です。No.1は、なんだろう…。

瀧澤さんは、テキパキ度No.1!みんなでご飯とか行った時に、めっちゃ気を遣ってくれます。さすが体育会系、私にはない先輩への気遣いがある。

そ、そんな…(笑)。じゃあ、テキパキ度No.1で。

こうして私は広告業界へ。

AD AGENCY

―皆さんはどうして広告業界を志望したんですか?

大学時代にバイトでサービス業をやっていて、コミュニケーションをとりながらモノを売るのが楽しいなと思って。でも、もっと商品を色んな人に届けたいなと思って、何があるんだろうと調べた時に、広告業界を知って目指すようになりました。

元々業界を絞らずに就職活動をしていて、文具メーカーかラジオ局に行きたかったんです。でもその二つの業界と、クライアントとしても、媒体社としても関わることができるので、広告業界を志望しました。

営業職に就きたいというのが元々あって、営業として何を売るのが自分にあっているのかを考えていました。広告会社なら、いろいろな会社とお仕事をすることができるので、自分にあったものを見つけられるかなと思って志望しました。

学生時代に教育系ベンチャー企業でアルバイトをしていて、サイトのコンテンツづくりや閲覧者を増やす施策を行っていました。学外活動でも成人式の運営などをしていて、そこでも参加者を増やしたり、満足度を高めたりすることを目標としていました。その中で、どうしたらコンテンツを見てもらえるのか、活動を知ってもらえるのかを考えることが楽しかったので、それが一番活きるのが広告会社だと思って志望しました。

個性を大事にする会社。

PERSONALITY

―その中で日経社を選んだ理由は?

私はテレビ東京の「ガイアの夜明け」がすごい好きで、父と家でよく観てたんですね。日経新聞も購読してて。実は広告会社に行くのを親に止められてたんですけど(笑)、日経グループの広告会社なら安心してくれるかなと思って。

日経社を選んだ理由は、社長面接の時に、エントリーシートに書いていた特技の「風呂掃除」を褒めてもらえたことです。社員の個性を大事にしている会社なのかなと思いました。社長が「風呂掃除ができる人に、間違いはない!」って仰ってて。まあ間違ってるかもしれないんですけど…(笑)。

広告会社って派手で明るい人が多いというイメージだと思うんですけど、私の中では、黙々と仕事をするっていうイメージで(笑)。日経社が一番そのイメージにあっていて、すごく皆さん真面目で、誠実な方が多いという印象でした。この会社だったら、自分の思い描く働き方ができると思って。面接でもその人の本質を見抜くような質問が多くて、内面を見る会社なのかなと思いましたね。

私は、総合広告会社の中で、一番最初に内定を頂けたので、決めました(笑)。

THE KEY WORDTHE KEY WORD

COMING SOON

75周年

ガイアの夜明け

B to B

woman power

ページトップへ