調査レポート

家具・インテリアに関する調査

家具・インテリアを選ぶ際に「ショールームでコンサルタントに相談しながら選びたい」は1割


調査結果サマリー
●IKEAの認知は82.2%。IDC大塚家具の認知は76.8%。
●価格よりもデザイン・機能にこだわりながらも、100円ショップなどリーズナブルな商品も使いたい。
●家具・インテリアを選ぶ際には「自分の好みで1点ずつ揃えていきたい」が5割、
 「ショールームでコンサルタントに相談しながら選びたい」は1割
●新居での家具・インテリアに費やしたいと思う予算は「100万円以内」が約6割















<調査概要>
◆調査対象者:東京23区在住 20~50歳男女、独身および子どものいない夫婦
◆回収数:500サンプル
◆調査方法:インターネット調査
◆実施時期:2015年4月